会社設立すべきか悩んでいる方へ

会社設立の前に知っておきたい情報をまとめました。

フリーランスと法人では社会的な信用が違う!?

起業したいと考えた時に、職種選びはとても重要です。例えばクリエーターなどの製作を担う職種では、ツールとなるパソコンなどの環境作りに初期費用がかかるます。場合によっては多種多様なソフトやアプリの購入も必要になることも考えられます。メリットがあるとすれば、少人数でも起業には十分なので、会社の規模としては1人でも出来なくはありません。つまりはフリーランスとして仕事を始めて、軌道に乗れば会社の規模を拡大していくことも可能になります。

物を仕入れて販売するような商売ではどうでしょうか。販売するためには、仕入れるための資金が必要です。数万円でも出来なくはありませんが、事業規模もそれに比例します。仕入れや加工にセンスがあったとしても、職業柄、運転資金をどのように確保するのかが問題になります。時間を掛け、少しずつ利益を加えて運転資金の増やすことも出来なくはないですが、それなりにまとまった資金が必要になるのは変わりません。フリーランスで始めるならなおさらでしょうし、金融機関から融資を受けるというのであれば会社設立をした方が社会的な信用は当然得やすくなります。

一般的にフリーランスの良さは、気軽さと始めやすさにあります。場合によっては、思い立った時からすぐにでも仕事を始めることが出来ます。一方で会社を構えるというのは、手続きを踏まなければいけません。20万円前後の費用もかかります。資本金や運転資金も必要です。しかし、会社を構えて、社会的な意味で事業を始めるというのは、面倒でもその手順を踏んでこそ始まります。

まず融資を受けるときも、フリーというのは個人として見られます。つまり気楽さや始めやすさがメリットと言いましたが、世間一般的に見れば信用性の無さとして映ります。以前から個人をよく知っていて、全く問題がないというケースは稀で、新規で営業をしてみると信用のなさから同業他社に一歩で遅れてしまうことを実感するでしょう。会社設立とは、それだけ責任や覚悟の表れでもあります。言い換えれば、設立にかかる費用が出せないということで足もとを見られるのです。設立は手順さえ守れば少しも難しくはありません。設立に二の足を踏むとすれば、資金や会計など、会社を経営する事務手続きが始まることです。

帳簿を付けるのは個人事業主でも変わりませんが、会社は法人になるので契約の主体になります。そこが個人事業主と大きく異なる部分ですが、言い換えると経営が本格的に始まり、他社との取引が対等になったことを意味します。

会社でなければ、仮にオフィスを構えても、そこは個人名義の事務所に過ぎません。それ自体はもちろん悪いことではありませんが、他の会社から見ればやはり個人のままなのです。融資を受けるのも資金を集めるのも組織のトップが個人名義でするしかありません。それでも成り立つ事業もありますが、事業を拡大したり展開していく時に限界も多いのです。

法人格を最大限に活用することで、経済活動もずっとしやすくなります。出資者は株式会社などでは有限責任とされていますし、株券を発行することでも資金を集めることが可能になります。自分が行おうとしている事業に対して、広く多くの人から資金を募れるのも、会社という信用にある組織を作っているからです。

会社設立をすれば、法人税などの税金を納付することになります。設立したことを届け出ているのですから、税務署にも事業を行なっていることが知られています。フリーで仕事をしていればどうでしょうか。やはり個人事業主として所得税や個人事業税などを納めなければいけません。経費として控除されたりもしますが、儲かっていれば余計に会社組織の方がメリットは多いのです。

会社を構えているというのは、個人事業主の時よりも利益を出して商売している証しとも言えます。だからこそ、社会的な信用もあるのかも知れません。

東京・渋谷で会社設立するなら 東京会社設立センター がおすすめ!手数料0円は当たり前。最短1日で登記申請。渋谷駅から徒歩2分の立地で利便性は抜群。土日祝日、夜間にも完全対応。

このページの先頭へ